新着情報

NEWS

新型コロナ感染対策の新社内ルールの制定。

新型コロナ感染対策の新しい対応策として、次のことをルールとした。
37.5℃以上の発熱がある場合は、出社禁止とし、発熱外来を受診すること(会社負担)。
症状はなく、保健所からの濃厚接触者としての扱いはないが、感染の可能性がある場合(例えば子供のクラスでクラスターの発生等)。PCR検査の受診(会社が半分負担)。
家に高齢の親とかがいて心配な場合は、自費負担でPCR検査の受診。
クラスターの発生を未然に防ぐとともに、安心して働ける体制の構築。